在宅介護サービス・種類や特徴とメリット・デメリットについて

在宅介護サービスの種類や特徴についてご紹介します。高齢者を地域社会が一体となって支える取り組みが始まっています。介護が必要となったとき、家族だけではなく、地域で介護の必要な高齢者を支援するという考え方は、在宅介護サービスを含む介護サービスの在り方を国民全体に考えさせるものとも言えます。

在宅介護サービスの種類と特徴

介護 求人 茨城,介護 転職 茨城

在宅で利用できる介護サービスにはさまざまなものがあります。デイサービスや訪問介護などのサービスがよく知られていますが、これら在宅で利用できるサービスは通常、サービスを提供している業者と契約して利用します。在宅介護サービスは、主に自宅で受けるサービスと、施設に通うサービスとに分かれます。ここからは、在宅介護サービスの種類とその特徴についてご紹介しましょう。

自宅で受ける在宅介護

・訪問介護
訪問介護は、在宅介護の中でも、とてもよく知られているもので、ホームヘルパーが高齢者の自宅で、食事や入浴などの介助、そして清掃や洗濯などを行い生活をサポートします。訪問看護を利用できるのは、介護保険制度において要介護1以上に認定されている方です。ホームヘルパーが在宅介護で提供するサービスは法律で定められていて、たとえば家族のためになんらかの援助を行うことはできません。ちなみに市町村レベルでは、要支援1から2の方が利用できる訪問介護サービスもあります。
・訪問看護
訪問看護は、主に看護師や保健師が、介護が必要な高齢者の自宅を訪問して、医師の指示の下、自宅療養におけるアドバイスや世話をします。場合によっては、やはり医師の指示の下、理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職が訪問する場合もあります。訪問看護を利用できるのは、介護保険制度において要支援1以上に認定されている方ですが、主治医からの訪問看護指示書が必要です。訪問看護には、栄養指導、症状確認のほか、喀痰吸引(かくたんきゅういん)や口腔ケアなど、個々の利用者に応じたさまざまな処置が行われます。
・訪問入浴介護
訪問入浴介護は、通常の入浴介助とは異なり、モバイル型の浴槽を介護が必要な方の自宅に運んで入浴介助を行うサービスです。障害などの状態により訪問介護が利用できない方、自宅のお風呂に浸かれないという方でも、この訪問入浴介護なら気持ちよくお風呂に入ることができます。訪問入浴介護を利用できるのは、介護保険制度で要支援1以上と認定されている方です。
・訪問リハビリテーション
訪問リハビリテーションは、リハビリの専門職である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが介護が必要な方の自宅を訪問して、医師の指示によりリハビリを行うサービスです。介護保険制度における要支援1以上の方が利用できるサービスで、それぞれの心身状態に合わせたリハビリが提供されます。歩行訓練やマッサージ、寝返りや起き上がりなどが主なメニューとなりますが、自宅における介護環境整備などに関するアドバイスも行います。
・居宅療養管理指導
居宅療養管理指導は、医師をはじめとする医療の専門職が介護が必要な方の自宅を訪問して、療養についての指導を行うサービスです。居宅療養管理指導は、要支援1以上の方が利用できるサービスですが、基本的に糖尿病などの病気を患っている方、リハビリの必要がある方などが対象になります。医療の専門職が自宅を訪問することで、病気の予防や早期発見が可能になるほか、入院や入所の是非の判断も行えるというメリットがあります。
・地域密着型介護サービス
地域密着型の介護サービスは、そのサービスを提供している事業者と同じ地域に住む介護が必要な方だけが利用できるサービスです。夜間の訪問や緊急時の訪問に対応している「夜間対応型訪問看護」や、1日を通して定期的に、もしくは必要なときに巡回を行う「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」などがあります。要介護1以上に認定されている方が利用できるサービスで、通常の訪問介護と同様の介助を受けることができます。
・訪問介護のメリットとデメリット
訪問介護のメリットは、当然、住み慣れた家で介護が受けられること。施設に入居することを考えれば、コストパフォーマンスも高いと言えます。家族が介護をしている場合は、訪問介護によりつかの間の息抜きもできますし、離れて暮らしている場合でも、健康状態を定期的に知ることができます。
訪問介護には、デメリットというほどのネガティブな面はそれほどありませんが、強いて挙げるなら、高齢の方のメンタル面を考慮する必要があることでしょうか。他人の訪問を嫌がる高齢者は少なからずいらっしゃいます。

施設で受ける在宅介護

・デイサービス(通所介護)
デイサービスは、食事や入浴、レクリエーションなどを、介護の必要な高齢の方が施設に出向いて受けるサービスです。施設で行われる在宅介護としては、もっともメジャーなサービスです。デイサービスは、要介護1以上に認定されている方が利用できるサービスで、利用者は自宅から出ることでリフレッシュできるというメリットがあります。家族にとってもつかの間のリフレッシュになりますので、デイサービスはひじょうに多くの方に利用されています。市町村レベルでは、要支援1から2の方が利用できるデイサービスも行われています。
・デイケア(通所リハビリ)
自宅で暮らす高齢者の方の中で、医師から承認されている方が、日帰りで施設を訪れてリハビリを行うサービスです。リハビリによる機能回復に重点が置かれていることが特徴で、施設には医師のほか、リハビリ専門職、介護職員が配置されています。デイケアを利用できるのは、介護保険法における要支援1以上の高齢者。リハビリメニューは個人に合わせたものが行われますが、グループで行うものもあります。
・地域密着型サービス
施設で受ける在宅介護サービスの中にも、地域密着型のサービスがあります。訪問型同様、サービスの提供事業者と同じ地域に住んでいないと、このサービスを受けることはできません。要支援1以上の方が利用できる「認知症対応型通所介護」や、要介護1以上の方が利用できる「療養型通所介護」がこれに当たります。
・通所介護のメリットとデメリット
通所介護は、「自宅から出る」ことに意味があります。自宅から一歩外に出て人とふれ合うことで孤独感が解消され、心と体の健康維持につながります。人との交流は、多くの高齢の方にとって生きがいです。施設に滞在している間、介護を担当する家族にとってもリラックスできる時間です。
通所介護では、人によっては他の利用者と馬が合わず、ストレスを感じてしまうこともあります。ただ、このようなデメリットに関しては、事前に施設を見学することである程度防ぐことができるでしょう。

そのほかの在宅介護サービス

・ショートステイ(短期入所生活介護)
介護老人保健施設などの介護施設で、短期間だけ生活するのがショートステイです。食事と入浴介助や排泄介助などのサービスが提供されます。入所して生活ができる期間は長くても1週間程度の場合が多いようです。介護する家族の事情で一時的に介護が行えないなどの場合に利用されます。ショートステイを利用できるのは、要介助1以上に認定されている方となります。
・小規模多機能型居宅介護
小規模多機能型居宅介護は、デイサービスを利用しながら、訪問介護、ショートステイを合わせて利用できる介護サービスです。このサービスは地域密着型サービスのため、サービス提供事業者と同じ地域に住む高齢者の方のみが利用可能。しかし、このサービスを利用すると、居宅療養管理指導など、ほかの介護サービスを利用することはできません。このサービスの対象となるのは要支援1以上の高齢者の方ですが、より介護の必要性が高い、要介護1以上の高齢者の方が対象となるサービスもあります。